転職

意味のある転職・意味の無い転職

意味のある転職・意味の無い転職

転職活動は有効的なものと、意味の無いものとに分けることができます。

簡単にいえば転職を考えた理由を満たすケースは意味のある転職だといえると思います。しかし、転職活動では意味の無い結果となってしまう人も多いのが実情です。

意味のない転職になりやすい転職のタイミングとは?

転職活動はタイミングがまず重要となりますが、退職後にスタートさせれば失敗しやすく意味のない転職になりやすいといえます。

その理由としては、以下のものがあるでしょう。

  • 退職後ということで、収入が無いと足元を見られて年収を安くたたかれやすい
  • 在職中の良い意味での緊張感がなくなり評価されなくなる
  • ブランク期間の焦りで妥協して安易に転職先を決めてしまう

転職の目的は重要

転職というのは目的をしっかりと設定しなければいけません。

目的として、以下があるでしょう。

  • 本当にやりたい仕事をするために転職する
  • 年収を上げるために転職する
  • 今の仕事でさらに○○のスキルアップをしたいので転職する

今の職場が嫌なので転職するという人も多いのですが、我慢できない程のことがあり、肉体的あるいは精神的な健康を損なうような日常ならば、即退職しても良いでしょう。

健康というのはお金では買えませんのでその場合の退職や転職はやむを得ないといえます。

意味のない転職!転職先の順位を決めていない

転職とは何か不満などを解消するために行うものです。

  • 年収
  • 仕事内容
  • 勤務地や異動
  • 職種
  • 人間関係
  • 勤務時間

などですが、実際に転職活動をしていくと複数の企業の面接がバッティングしたり、あるいは複数の企業から内定が出るときもあります。いちいち悩むという人もいますし、疲労で判断ミスをするという人も案外多いのです。

後で後悔するということはよくあります。転職先に求める優先度を明確に固めていないと、何となく転職活動を進めるという場合に起きやすい最大のミスです。

転職先の情報を調べずに、失敗で意味のない転職になる

転職活動の失敗原因の1つ、内情を調べることなく感覚等の先入観のみで入社を決めてしまうこともあります。

  • エントリー先の雰囲気や社風
  • 仕事内容の実際(特にしんどいシーンの確認)
  • ブラック度
  • 経営者の考えや企業体質のチェック

面接での逆質問や、あるいは後述しますように転職エージェントの活用などで確実に入社するべき企業かどうかをエントリー前、訪問時、面接中にわたって検討していくのが意味のない転職になりにくい方法といえます。

URL
TBURL

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Return Top